借金の引き落し方式は金融機関の方針によってだいぶ違いというものがあり多様な手法が選ばれています。

一般的には残高スライド方式やリボ方式が取り入れられているみたいです。

またこういうほとんどの人がご存知のリボルディング払ですけれども、本当を言うと算出様式にいろんな法といったものがあるのです。

それ故そんな手法によっては支払い総額が変わってきてしまうので理解することで損をするようなことはないでしょう。

それではわかりやすくこの2つの方法の差異に関してを説明しましょう。

ひとつは元金均等払いというものでもう一つは元利均等払いというものです。

これらは読んで字のごとく、元本について均一にして返済していくという方式と、元本と利率に関してを全部で均分に払っていくという方式です。

このケースではもしや10万円カードローンをしたというふうに実際どういう算出をしていくのかみてみましょう。

利分は双方とも15%と設定し算定します。

更にリボ払いについての支払額は1万円と設定して計算します。

まず元金均等払いのほうからいきましょう。

こういう折の1回目の返済については1万円へ利率分1250円を加算した引き落とし金額となります。

その次の引き落しは1万円に対して利子分の1125円を計上した支払になるのです。

こういったようにして全10回で返済を終えるといった手法になります。

これに対して元利均等払いは1度目の返済は1万円ですが元金に8750円、金利へ1250円と言う具合で分配します。

2回目の返済については元金が8750円へと減少した状態にて金利を勘定して、その1万円を更にまた分配するのです。

いわば、元利均等払いのケースでは10回で支払いが完了しないといった勘定になってしまうのです。

こればかりの差異で二者がどれぐらい異なっているかが十分ご理解頂けたことでしょう。

元利均等は元金均等と比べてはっきりと元本が縮小していくのが遅いと言う難点といったものが存在するのです。

言い換えれば利息を余分に払うという状況になるわけです。

一方1度目の引き落しが些少な金額で済んでしまったという強みもあったりするのです。

こういう支払い方式に関するずれにより、返済合計額というものが異なってきますのであなたの計画に応じた方針を採用するようにしましょう。