生命保険を選ぶ時は、自分の生活にあった保険を選ぶことが大切です。 結婚もしていないのに、多額の生命保険をかけることは、無駄であると言えるでしょう。 もし、自分が死んでも残されるのは、自分の親くらいのものでしょう。 保険とは、自分が死んだ時や、ケガをした時に残された者が、生活出来るようにしておくモノだと思います。 独身の場合は、保険の金額を下げて死亡保険よりもケガに重点を置いた、保険選びが必要になるでしょう。 そして、結婚するとケガも必要だし、死亡は当然大きくかけておかないと不安になりますね。 掛け捨てなどの保険は、自分が納得して入っていれば問題はないのです。 掛け捨てという名で、なんとなく頼りない保険に聞こえますが、保険は保険です。 確実に守れる保険を選ぶことと、保険は5年もすると新しい保険が出ていますので、見直しが必要になりますね。 保険は、安心の為の大きな買い物です。 吟味して、買うことが大切になるでしょう。