私は最近、きれい目カジュアルのファッションをすることが多いです。 今まではTシャツにパーカーを合わせてデニムパンツを履くというアメカジスタイルが多かったのですが、年齢を重ねるとともに服装もより大人っぽいものへとシフトしていきました。 ファッションにおいて大切なことは「着ている人間に似合っているかどうか」に尽きると思います。 しわくちゃの老人が中学生や高校生の学生服を着用していたらおかしいように、その年代ごとによって似合う服装というものは変化していきます。 そのため、へんに若づくりをするのではなく、年齢相応の服装をしたほうがずっとオシャレに見えるからです。 そんなわけで私は30代にさしかかる前後から、自分の服装を意識しながら変更していきました。 おかげで現在は年齢相応の服装がきちんとできていると思います。 ファッションというのは個々のアイテムではなく、自分という人間を含めたトータルコーディネートです。 それぞれの年齢の顔に似合った服装を心がけることがオシャレへの一番の近道なのではないでしょうか。