10年位前の話しになりますが、歯並びが乱れて歯科矯正をしました。その時に物を食べるのに苦労し たのを覚えています。 矯正をした歯はとにかく慣れとの戦いです。何もかもがいつもと違います。 口に食べ物を入れて咀嚼してみると、金具が口内に擦れて痛いですし、箸やフォークで食べ物を細かく刻まずに、 頬張って噛み切ろうとするとワイヤーに食べ物が絡まったりします。 絡まるだけなら良いのですが、食べ物が引っかかり、取ろうと引っ張るとワイヤーが緩んでしまったこともあります。 そして食べる物も選んでしまいます。口の中で細かく砕ける物を避ける様になります。 代表例で言うとポテトチップスみたいな砕ける物は、噛むと口内に散らばるのであとあと歯磨きの際に 困ってしまうので避けました。 歯磨きにも相当神経を使ったのを覚えています。矯正器具も磨いて汚れを落とさなければなりません。 放っておくと虫歯になりかねません。くれぐれも矯正期間の虫歯には注意しましょう。