ローンが残っているクレジットカードの使用取りやめにも用心しよう》分割払いもしくはリボルビング払い、キャッシングといった未払い残金への精算が残っている状況のまま使用取りやめという行為をしてしまうと、ごく自然な結果と言えますがクレカの契約失効手続きと同じタイミングで支払うべきお金について全額の支払いを督促されるケースも存在します(つまり支払いが終わっていないことをかえりみず金を機能停止を行ってしまいたいというのであれば一度に返済しろと言う具合に催促されます)。あなたの台所事情に余裕があってすぐに使える状態において即座に解約するのであれば良いが先立つものが不十分な段階でこのような解約を実行してしまうのは飛んで火に入る夏の虫とも言っても言い過ぎではないため、きちんと払い出しが完了してから契約失効手続きを申し出たというように時期を工夫した方がスムーズにことが進むと思われます。解約に及んだ際どれくらい自分のクレジットカードを使用して精算にかかる費用がどれくらいかを責任を持って知った後に使用取りやめを実行に移して頂きたいものです。契約失効手続きのための代金という代物が払わせられるクレカも存在〉すごく限定された状況となってはいますが特殊なクレジットカードについては使用取りやめにかかる金額に類する費用が生じてしまう例があるのです(限られたJCBカード等が該当するのみ)。とても限定された場合である故に通常は気にしなくても構わないのですがクレジットカードを使用し始めてから一定の期間内で機能停止を行うような状況に使用不可能化上のマージンというやっかいなものが生じてしまう制度であることもあり上記のような使用取りやめ上の必要経費を支払いたくないのであれば特定期間が経つのを辛抱してちゃんと期限を過ぎてから契約失効手続きに及ぶようにしてほしい。ちなみに、覚えておいてほしいのは、これらの場合は契約失効手続きに臨んだ時点でオペレーター側から直接忠告あるいは警告のようなものが漏れなく言ってもらえるはずです。事前の警告無しに突然無効化にかかる金額などというものが口座から差し引かれるようなことはまずないようなので気軽に無効化をオペレーターに相談してみれば、自分の保有しているクレカに関して無効化上のマージンが支払いの義務があるかどうかを聞いて頂ければと思います