日本語は他国の方から見ると、かなり難しい言語だそうです。 「漢字、ひらがな、カタカナと3つを織り交ぜ表現しているから」だそうです。 確かにそう言われたらややこしいですね。ちなみにカタカナって一体何なのでしょうね? 何で生まれたのだろう?とにかく3つの表現スタイルを持つわれわれ日本人はすごい! と敢えて言いたいですね(笑) という事はアルファベットだけで成り立つ英語なんて、実は簡単なんじゃないのかな? ながれ的に上から目線で書きましたが、英語は意外と難しい。 日本語と英語では文体においての意味を置く場所が間逆だからです。 文の構成スタイルそのものが違うワケです。だから英語で喋る時などによく言われる 「日本語で考えるな」というのは正解なのです。頭の中で英語で考え、 文体を構成出来るスピードがスピーキング力アップに繋がります。 という事は英語圏の人にとって日本語も同じ事が言えます。 プラスアルファ漢字、ひらがな、カタカナと覚える事が多すぎます。 日本語ってすごいですね。