結婚前、夫は決して自宅に私を呼びませんでした。 それどころか 近所で用事があったので訪ねると、必死で進入を妨害しようという風で。。 もしかして他の女の影が残ってる?? まさか結婚してる?? 疑う私を、仕方ないと部屋に入れた夫。 私がそこで見たのは・・・・ 「ゲームセンターに設置されているゲーム機!!!」でした。。 後から聞きましたが筐体というらしいです。 夫の職場の前に有名なゲームメーカーがあり その会社から出た格闘ゲームに夢中になった夫は ボーナスが出た時に、 その会社に出向いて、直接 「基盤と筐体を売って」と頼んで購入したそうです・・・・・ 「筐体は30万、基盤は20万だったけど、  半年後にバージョンあがったから又買ったよ!  そっちも20万だった!!!」 一度バレて気が楽になったのか、夫は饒舌に語ります。 「こんな物に70万円??」とつぶやくと 「ゲームセンターなら一回100円だから、千円位直ぐやん!  『もうとっくに元をとったよ』  第一家でいつでも練習できるから腕前の上がったし!!!」 ・・・・・なんでこんな男と。。 もし、付き合う前に部屋にゲームセンターの筐体を置いていると知ったら? 当然お断りです。 当時はプレステーション発売の少し前、スーパーファミコンが爆発的に普及していましたが 全くゲームをやった事が無かった私には『こんな人種』がいた事が衝撃でした。 世間知らずだから・・・となんとか自分を納得させましたが、 あれから20年以上経ちますが、個人の家庭に筐体がある、という話は聞いた事が無いです。 今では立派なゲームオタクになった私ですが 定期テスト試験中の週末にゲームセンターに行く息子を見ると 地の怖さ、を感じて憂鬱になります。